ごあいさつ・運営理念


株式会社 不動産中央情報センター
代表取締役会長
濱村 泰子


お元気ですか? 
一人暮らしの方の寂しそうなお姿が、強烈に脳裏に焼きついて離れないことから、
ゆうゆう壱番館が誕生しました。
いつまでもお元気で、安心してゆうゆう自適に暮らして頂きたい、という“想い”がここにあります。
より心豊かに、より質の高いゆうゆう壱番館を目指しています。

“あんしん”で快適な住まいであることを日々創造します。
自助自立の活き活きとした暮らしを心をこめてサポートさせて頂きます。
あたたかい対話を重ねることで信頼を深めてまいります。
地域社会に必要とされる、愛される「ゆうゆう壱番館」を目指します。

創業者の想い



「健康な高齢者のための住宅」という、住まいからの発想で夢を実現しました。
“自分らしくいきいきと暮らして欲しい”という情熱が理想の館を実現し、
今もここに理念が脈々と受け継がれています。



ゆうゆう壱番館は、高齢者が『より安全に』『より行動的に』生活ができる住まいです。
各住戸は、プライバシーを尊重したマンション仕様であり、キッチン・浴室・トイレといった基本的な住宅設備が整っています。
館内では、自由にのびのびとした生活を送っていただくため、門限等はありません。

また、元気で健やかな生活を維持していくためには、『変化のある生活』、『人との交流』が大切です。
入館者同士、または地域社会との交流等、ご自分の生活リズムに合わせて毎日を過ごしていただけます。
ゆうゆう壱番館は、原則として、身の回りのことはご自分で行っていただく「住まい」です。
何でもサービス、又は支援をさせていただくという事ではなく、加齢とともに生活に種々の支援が必要となった際に、
スタッフにて支援をさせていただきます。

更に、緊急時は、居室や館内の要所に設置されたナースコールや、内線電話でいつでもフロントと連絡が取れる体制になっていますので、
安心・快適で「ゆうゆう自適」な生活を送っていただけます。


●健全経営

経営は、株式会社不動産中央情報センターが行っています。
地域密着企業として40年以上にわたる実績があります。
ご自宅や資産運用に関しても安心してお任せ下さい。

不動産事業
不動産の管理
不動産の売買仲介
不動産の賃貸斡旋
~アパマンショップ~
マンスリーマンションの運営
リフォーム事業
土地有効活用
資産運用の企画運営


ご一緒に、あんしん 快適「ゆうゆう自適」な生活を。


所在地
福岡県北九州市小倉南区星和台一丁目1番10号・11号・12号
交通
西鉄バス星和台一丁目バス停30m・モノレール守恒駅 800m
総戸数
128戸
敷地面積 5707.23㎡
建築面積 2075.51㎡
延床面積 11055.46㎡
分譲面積 1708.35㎡
構造・階数
鉄骨鉄筋コンクリート
A棟地上7F B棟地上8F C棟地上8F
入居者数
114世帯 136名 (男性33名 女性103名)
単身入居者92世帯 二人入居者22世帯
平均年齢 84.4歳
事業主体・運営管理
株式会社 不動産中央情報センター
ホームページはこちらから≫
平成29年7月1日現在


ゆうゆう壱番館は、地球環境に配慮した施設です。

環境方針は、環境活動を行う時の考え方(方針)を定めたものです。
ゆうゆう壱番館の環境方針は、以下の通りです。

1. 理念

地球環境の破壊が進む中で、省資源化システムの構築を図り、環境への負荷を極力抑えた社内システムを構築することは、地域にお世話になる企業としては当然のことです。環境問題は、一人一人のライフスタイルに関係の深い問題です。
しかし、現代の環境破壊のスピードでは、個々人の活動では追いつきません。
株式会社不動産中央情報センターは、地球にやさしい企業として、未来の子供達へより豊かな地球環境を残すため、一企業として取り組みを開始します。
また、「環境」という一つのキーワードについて、豊かな自然を残す「地球環境」、入館者の方により快適に過ごしていただくための「生活環境」、地域の方との交流を図る「地域環境」の3つの観点から、環境問題に取組んでまいります。

2. 環境方針

ゆうゆう壱番館は、北九州市における住宅型有料老人ホームとして、入館者の方々が毎日安心して、元気に、物心共に豊かな生活を送っていただけるよう、当館より生活支援サービス、介護・看護サービスをご提供させていただいております。
これらのサービスすべてに関連する環境の法規制及び組織が同意するその他の要求事項を遵守し、継続的改善及び汚染の予防を図ります。
また、環境に適切な企業活動を行うために、環境目的、目標を設定し、その目的目標達成の基準として、監視・測定の手順を確立し、見直します。
上記のように、当館の設備やサービスが環境に与える負荷を最低限に抑えるための環境マネジメントシステムとして、特に以下の項目について留意します。

  • オフィス活動での水、紙、電気使用量削減(LED照明への転換)
  • 廃棄物の削減
  • 啓発活動の積極的推進
  • 生活環境及び地域環境への積極的取り組み
  • リサイクル活動の推進(エコキャップ・リングプルの回収活動)
  • 感染予防への取り組み(ノロウイルス・O157・インフルエンザ対策)
  • 安全な生活の保全(館内・居室内環境整備)
  • 防災への取り組み(火災・地震対策)

また、当館の社員だけでなく、入館者、さらには当館に出入りする方々も巻き込んだ地球環境保全の活動を展開していく所存です。
より暮らしやすく、より快適な環境へ。ゆうゆう壱番館から地域社会へ、また種々の社会的活動を支える方々との連帯を拡大し、共に生きる、より良い社会を築いていきたいと願っております。

2017年7月1日
株式会社不動産中央情報センター
代表取締役会長 濱村 泰子