お知らせ

ゆうゆう壱番館の運営会社『株式会社不動産中央情報センター』は、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け取り組みを始めました。グループ会社を含め組織全体で、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していくことが重要だと考え、その解決に向けて具体的に取り組み、SDGsをさらに地域社会に広げていく活動を実践して参りたいと考えています。「ゆうゆう壱番館」の運営を通じた取り組みは、記載の通りです。



■SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。
「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の「誰ひとり取り残さない」という共通理念のもと、ゴールを設定しています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべき普遍的なものであり、日本政府主導のもと北九州市も積極的に取り組んでいます。