午後から、ロビーでお屠蘇と五福茶を入館者の皆様と楽しんでいます。

五福茶は、「黒豆」「昆布」「するめ」「山椒」「梅干し」が入った縁起物のお茶で
壱番館では毎年元旦にお出ししています。


お屠蘇と五福茶を召し上がられて、「体が温まった」とおっしゃる入館者様方。
今年一年、皆様が健康でありますように。

このおせちは、壱番館の看護師の知り合いの方のお手製です。
本当によくできていますよね。



謹んで新春のお慶びを申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


今朝、出勤する際には小雪がちらついていました。
すべらないよう、一歩、一歩ゆっくりと道路を踏みしめて
坂をのぼり、壱番館に到着すると、立派な注連飾りと門松が。



近頃は既製品ではなく、生の竹を使った門松を見ることは稀になってきました。


壱番館のお正月準備は万端整いました。


今年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい世界規模で大変な一年でした。
まだまだ予断は許さない状況ですが、来年は少しでもよい年になりますように。



先日のブログでも紹介した、エレクトーン奏者の吉岡小百合さんの演奏でクリスマスコンサート。
 
 ♪「クリスマスファンタジーメドレー

 ♪きよしこの夜

 ♪ホワイトクリスマス

 ♪エールメドレー ~ イヨマンテの夜、長崎の鐘 ~ 

 ♪A列車で行こう

 ♪交響曲 第九 四楽章

 イヴならではの曲と、朝ドラの曲、JAZZのスタンダードと年末にふさわしいクラシックのナンバーの選曲は
 正に正解だったと思う

 長崎出身のYさんには、やはり「長崎の鐘」が心に響いたと感想を述べられていたし、エレクトーンの性能を印象付ける「第九」の曲調も強い好印象だった。

 コロナ禍で翻弄された今年こそ、来年はコロナ禍を乗り切って、良い年を迎えようと強く思うことのできるひと時だった。



今年も、あと数日を残すところとなりました。
壱番館のロビーは、クリスマスからお正月飾りへと大変身です。


来年は丑年です。
壱番館には、背中に小槌を背負った立派な赤べこ飾りがあるのですが、入館者の皆様が「可愛いね」と
なでていかれます。
いいことを運んでくれそうな気がしてきますね。